【2021年9月版】おすすめオンラインカジノ最新ランキング!>>

マーチンゲール法とは?カジノ必勝法のシミュレーションと損切り方法を解説

4 min 127 views
casino chip

カジノゲームで儲けるために考え出された数多くの必勝法。

その中でもマーチンゲール法は理論上は絶対に負けない最も有名な必勝法です。

これで大金持ち確定♪

いや、リスクもあるよ!!

しかし、安易に必勝法に手を出すのは危険!

実際にはマーチンゲール法には大きなデメリットも存在しています。

そこで当記事では、まずはマーチンゲール法の賭け方・シミュレーションを紹介します。

そしてその後にマーチンゲール法のリスクにも言及していきます。

本番で試すかどうかはデメリットを把握してから検討するようにしてください。

(正直、おすすめできません…)

マーチンゲール法とは

マーチンゲール法とは負けたときにベット額を2倍にしていくベット法です。

連敗すればベット額は大きくなっていきますが、最後に勝利で終われば必ず黒字に転じます

永遠に負け続けることはないので理論上「必勝法」と呼んでも差し支えはありません。

マーチンゲール法が使えるゲーム

マーチンゲール法は配当が2倍のゲームに使われます

  • ルーレットの赤・黒
  • ルーレットの奇数・偶数
  • ルーレットのハイ・ロウ
  • バカラのプレイヤー・バンカー
  • ブラックジャック
  • シックボー

など、勝率が約50%のゲームが対象ゲームとなります。

バカラのバンカーは5%のコミッションが取られるので、マーチンゲール法を使う場合にはプレイヤーに賭け続けることを推奨します。

マーチンゲール法のシミュレーション

それでは実際にマーチンゲール法で賭ける場合のシミュレーションをしていきましょう。

マーチンゲール法は複雑に分岐することはないので、以下の表にまとめることができます。

先に表の用語説明
  • 合計ベット額=それまでの累計赤字
  • 配当=勝ったときに得られるチップ

賭け方としては負けた場合のみ次の回に進み、勝利した時点で1回目に戻ります

ゲーム回数ベット額合計ベット額配当
1回目1ドル1ドル2ドル
2回目2ドル3ドル4ドル
3回目4ドル7ドル8ドル
4回目8ドル15ドル16ドル
5回目16ドル31ドル32ドル
6回目32ドル63ドル64ドル
7回目64ドル127ドル128ドル
8回目128ドル255ドル256ドル
9回目256ドル511ドル512ドル
10回目512ドル1,023ドル1,024ドル
11回目1,024ドル2,047ドル2,048ドル
12回目2,048ドル4,095ドル4,096ドル
13回目4,096ドル8,191ドル8,192ドル
14回目8,192ドル16,383ドル16,384ドル
15回目16,384ドル32,767ドル32,768ドル
16回目32,768ドル65,535ドル65,536ドル
17回目65,536ドル131,071ドル131,072ドル
18回目131,072ドル262,143ドル262,144ドル
19回目262,144ドル524,287ドル524,288ドル
20回目524,288ドル1,048,575ドル1,048,576ドル
マーチンゲール法のシミュレーション(1ドルベットから始めた場合)

マーチンゲール法のポイントは必ず「(配当)ー(合計ベット額)= 1ドル」となることです。

どれだけ連敗しても最後に勝てば、それまでの合計ベット額を1ドルだけ上回り黒字化が可能に。

この利益の1ドルは最初のベット額に等しくなります。

最初を1ドルより大きくすればもっと利益も大きくなるし、小さくすれば利益も小さくなります。

(ベット額は最初のベット額に応じて計算し直す必要アリ。)

マーチンゲール法のデメリット

理論上は完全無欠のようにも見えるマーチンゲール法。

しかし、マーチンゲール法には決して見逃すことができないデメリットがあります。

連敗するとベット額が大きくなる

マーチンゲール法の最大のデメリットは連敗するとベット額、合計ベット額が大きくなること

ここで、先ほどの表に連敗する確率を追加したものを確認してみましょう。

(配当の列は削除し、確率は適宜、四捨五入して表示。)

ゲーム回数ベット額合計ベット額連敗する確率
1回目1ドル1ドル50%
2回目2ドル3ドル25%
3回目4ドル7ドル12.5%
4回目8ドル15ドル6.25%
5回目16ドル31ドル3.13%
6回目32ドル63ドル1.56%
7回目64ドル127ドル0.78%
8回目128ドル255ドル0.39%
9回目256ドル511ドル0.20%
10回目512ドル1,023ドル0.10%
11回目1,024ドル2,047ドル0.05%
12回目2,048ドル4,095ドル0.02%
13回目4,096ドル8,191ドル0.012%
14回目8,192ドル16,383ドル0.006%
15回目16,384ドル32,767ドル0.003%
16回目32,768ドル65,535ドル0.0015%
17回目65,536ドル131,071ドル0.00076%
18回目131,072ドル262,143ドル0.00038%
19回目262,144ドル524,287ドル0.00019%
20回目524,288ドル1,048,575ドル0.000095%
マーチンゲール法のベット額と連敗確率(1ドルベットから始めた場合)

たとえば10連敗すると合計ベット額は1,023ドルになり日本円に換算して10万円を超えてきます。

そして11回目には1,024ドルをベットして負けを取り返さなければいけません。

負けてるのにベット額が増えるのはメンタルに来る…!

10連敗する確率はわずか約0.1%。

でも、10連敗というのはオンラインカジノではよくある範囲内です。

ここで見方を変えて0.1%を1,000回に1回と捉えてみましょう。

でも、999回で1ドルずつ勝っても1,000回目に1,023ドル負ければ赤字に。

1回のゲームを30秒とすると、わずか5分で10万円が吹き飛ぶ計算になります。

その後、14連敗で赤字は1万ドル(約100万円)を超えます

さらに15回目にはベット額がついに1万ドルを超えてきます。

こんな万ドルベットはイヤだよ…。

ベット額を倍々に増やしていくので、赤字の増え方も急激になっていく恐さがあります。

テーブルリミットの制限で破産する

どれだけベット額が増えても最後に勝てればプラスになる。

それがマーチンゲール法が理論上は必勝法と言われる理由でした。

しかし、オンラインカジノにはテーブルリミットが存在します。

テーブルリミットとは

カジノゲームのテーブル(卓)ごとに設けられているベット額の下限と上限のこと

たとえば、ベラジョンの「ジャパニーズルーレット」は1ドル~2,000ドル、「ブラックジャックパーティ」は0.5ドル~100ドルなどゲームやテーブルによって異なる。

そして、テーブルリミットの幅が狭ければ、マーチンゲール法が破綻するリスクが高まります

ジャパニーズルーレットなら11連敗してしまうと12回目にはベット額が2000ドルを超えてしまうため、マーチンゲール法通りにベットすることができず戦略は破綻してしまいます。

ちなみに、ベラジョンの中ではNETENT社のライブルーレット「Rapid Auto Roulette」のテーブルリミットが0.1ドル~50,000ドルという広さを誇っています。

それでも、ミニマムベット額の0.1ドルから始めても耐えられるのは理論上18連敗まで。

もし19連敗を喫してしまうと、20回目にはベット額が5万ドルを超えるため破綻となります。

(計算方法としては先ほどの表のベット額をそれぞれ0.1倍すればいいだけ。)

20連敗までなら見たことがあるぞ!

勝てないときは損切りする

いつか大型連敗が来ることを考えると、マーチンゲール法はテーブルリミットの制約によって大負けする危険性がありながら、1回の勝利ごとの配当は少ない魅力の低いベット法と言えます。

でも、1回は試してみたいかも…。

どうしても試すなら損切りラインを決めよう。

軍資金に余裕がある方でなければ、マーチンゲール法の失敗は全資金を失うことと同義です。

全資金を失うことだけは避けるためにも、対策として損切りラインを決めることがおすすめ。

具体的には何連敗したら1回目まで戻るというマイルールを追加しましょう。

たとえば5連敗で損切りすれば31ドルの損失で済みます。

リスクを許容しながらマーチンゲール法を楽しく実践することができるのではないでしょうか。

5連敗前に32回勝てれば収支はプラスになる!

実践前に要チェック!
  • ゲームの最低ベット額を確認する
  • ゲームの最高ベット額を確認する
  • 軍資金をしっかり用意できているか
  • 損切りラインを決めて守ると誓う

もしマーチンゲール法を実践するなら上記3点の確認も忘れないでくださいね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。