【2023年2月版】おすすめオンラインカジノ最新ランキング!>>

プレイオジョのバンドルカード入金可否と利用限度額・手数料を解説!

3 min 33 views
playojo-eye-catch

プレイオジョはイギリスをはじめ欧州市場でも大人気のオンラインカジノです。

満を持して日本市場に参入してからも、難しい賭け条件がないプロモーションで他のオンラインカジノとの差別化に成功しています。

この記事ではそんなプレイオジョにバンドルカード入金で遊びたい!という方のために、プレイオジョの最新のバンドルカード入金可否をご紹介しています。

playojo-vandle-202301-1
playojo-vandle-202301-2

結論から言って2023年1月時点でプレイオジョはバンドルカードで入金できています

最新のバンドルカード対応オンラインカジノはこちらの記事でまとめています。

プレイオジョのバンドルカード入金限度額・手数料のほか、利用手順などについても見ていきましょう。

登録特典を増量中!

当メディアからプレイオジョに登録した方限定で、初回入金フリースピン特典を50回から80回に増量しています!

賭け条件のない花魁ドリームのフリースピンは魅力的!$20以上の入金で特典をもらえるのでバンドルカード入金との相性も完璧です。

スピンバリューも$0.4と高いのでぜひご利用ください。

フリースピン特典は50回と30回に分けて進呈されます。

プレイオジョのバンドルカード入金限度額・手数料

最低入金額$20
最高入金額$1,000
入金手数料無料
反映時間即時
海外事務手数料4.5%
プレイオジョのバンドルカード入金スペック

バンドルカード入金時にプレイオジョ側に支払う手数料は無料です。

しかしプレイオジョでの決済は海外決済に該当するので、バンドルカード側で海外事務手数料4.5%が発生します。

また、入金限度額はプレイオジョ側のVISA決済の上限を記載しています。

プレイオジョ側では取引1回あたり$1,000(約13万円前後)の入金限度額となっていますが、通常のバンドルカードでは残高上限が10万円なので、実質の入金限度額は10万円までとなります。

さらに通常のバンドルカードの場合、月間のチャージ上限も12万円までと定められているため、1ヶ月に12万円以上プレイオジョに入金することもできません。

バンドルカードリアルプラスを保有の方は残高上限100万円・月間チャージ上限200万円なので、より多くプレイオジョで遊ぶことが可能です。

プレイオジョのバンドルカード入金方法

playojo-vandle1

プレイオジョにログインしたら「入金」ボタンから進みます。

playojo-vandle2

利用できる入金方法が表示されるので「VISA」を選択してください。

バンドルカードはVISAのプリペイドカード・バーチャルカードなので、JCBやマスターカードからは入金できません。

playojo-vandle3
  • カード所有者名
  • バンドルカード番号
  • 有効期限
  • セキュリティコード(CVV)
  • 入金額

以上5点を入力して「送信」ボタンをタップしてください。

カード名義は「VANDLE USER」でOKです。

playojo-vandle4

「支払い方法ページを開く」ボタンをタップ。

もしポップアップがブロックされた場合は、ブロックしたままにせず表示するようにしてください。

playojo-vandle5

あとは決済が自動で行われます。

これでプレイオジョへのバンドルカードを使った入金は完了です。

アカウントには即時反映されるのですぐに遊び始めることができますよ!

プレイオジョのバンドルカード利用明細

playojo-vandle6
playojo-vandle7

今回はバンドルカードを使ってプレイオジョに$20の入金を行ったところ2841円の請求額となりました。海外事務手数料を考慮せずに計算すると$1あたり142.05円で換算されたことが分かります。

playojo-vandle8

プレイオジョへの入金直後にグーグル検索で為替レートを調べたところ$1は129.64円でした。

実際の請求レートと比較すると12.5円という大きな差がありますね。

けっこうぽったくりのレートじゃない?これってプレイオジョが裏で手数料取ってるってこと?

いや、実際はドルの購入レートが適用されるから、グーグル検索で出てくるレートより$1あたり5円ほど割高なことが一般的だよ。

$1=135円で計算すると$20×135=2700円となり、ここに海外事務手数料の4.5%を加えると2821.5円となるので、実際の請求額2841円に近い結果が得られます。

プレイオジョがバンドルカード入金者から手数料を徴収しているわけではないのでご安心ください。

KYC用のバンドルカード画像

オンラインカジノでは本人確認書類として決済手段の画像提出が必要になることがあります。

プレイオジョでは本人確認でカード画像が必要になる可能性は極めて低いものの、念のため入金後に次の2つの画面のスクリーンショットを保存しておきましょう。

playojo-vandle9

まず1枚目はバンドルカードアプリのトップ画像です。

プレイオジョ決済時の中間決済業者の名前が表示された状態でスクリーンショットを撮りたいので、利用直後に保存しておくと確実です。

playojo-vandle10

もう1枚は利用明細の詳細を表示した画面のスクリーンショットです。

なお2枚ともトリミングや切り取りなどは行わずそのまま保存しておくようにしてください。

KYCでバンドルカード画像がいるとは限りませんが、あとから用意するのは大変なので、入金直後にスマホにスクショを保存しておくことをおすすめします!

プレイオジョでバンドルカード入金後に選べる出金手段

バンドルカードは入金にしか利用できないので、勝利金は他の決済手段を使って引き出します。

プレイオジョにバンドルカードで入金したあとはどんな出金方法を選べるのでしょうか?

playojo-vandle11

こちらの画像はプレイオジョにバンドルカードで入金した直後の出金画面です。

画像をご覧になると分かる通り、バンドルカード入金後に選べる出金手段は銀行振込だけです。

最低出金額$10
最高出金額49万円相当
出金手数料$100未満は$5
$100以上は無料
プレイオジョの銀行振込出金限度額と手数料

$10から出金できますが$100未満の出金時は$5の手数料がかかります。

銀行口座に出金できるので、ベガウォレットなどのEウォレットを持っていない方でもすぐに資金を引き出すことができます

もし他の決済手段で出金したいときは、1度同じ決済手段を使って入金することで出金画面に選択肢として表示されるようになります。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

\初回入金でフリスピ80回進呈【賭け条件なし!】/
【公式】プレイオジョを開く
\初回入金でフリスピ80回進呈【賭け条件なし!】/
【公式】プレイオジョを開く