【2022年9月版】おすすめオンラインカジノ最新ランキング!>>

プレイオジョの銀行振込の入金・出金方法を解説|利用限度額と反映時間・対応銀行も公開!手数料と為替レートに注意

6 min 406 views
playojo-eye-catch

初回入金で花魁ドリームのフリースピン50回をプレゼント中!
(賭け条件なし!)

プレイオジョは初回入金以降も賭け条件0倍のフリースピンを活用できるカジノです。

賭け条件の縛りがないと大損は避けられるから、とりあえず入金してプロモを使ってみようって思えるよね。

そうだね!そんなときの入金手段として使いやすいのが銀行振込です。

そこで当記事ではプレイオジョの銀行振込を使った入出金方法を徹底解説。

入出金限度額・反映時間・対応銀行などの必須情報もしっかり掲載しています。

少し残念だったのが入出金手数料と適用された為替レートでした。

実際に使ってみたからこそ分かった情報をまとめているので、利用時の判断材料としてお役立てください。

プレイオジョの銀行振込の基本情報

まずは入出金限度額と手数料・反映時間の基本情報を押さえておきましょう。

手数料については補足もあるので、事前にチェックしておくことをおすすめします。

入出金限度額と手数料・反映時間

最低入金額20ドル
最高入金額100万円相当
最低出金額10ドル
最高出金額49万円相当
手数料無料
(補足あり)
入金反映時間10分以内
出金所要時間72時間以内
プレイオジョの銀行振込の入出金限度額と手数料・反映時間

プレイオジョのアカウント通貨はドルですが、入出金時は日本円で金額を入力します。

日本円で金額を入力すると表示されるドル換算された金額を見ながら取引額を決めていきます。

そのため、表の通貨単位が混ざっていることはご了承ください。

playojo-banktransfer-deposit-limit

銀行振込の入金限度額をライブチャットで確認した証拠画像がこちらです。

playojo-banktransfer-withdrawal-limit

同様にプレイオジョの銀行振込の出金限度額を公式ライブチャットで確認した証拠画像がこちらです。

当時は不具合で5万円までしか出金できない状態になっていましたが、この問題は時間の経過で解決するので気にしなくて大丈夫です。

プレイオジョの銀行振込の入出金限度額はオンラインカジノとしては少額です。

より高額な資金で大勝負したいときは他のオンラインカジノもチェックしてみてください。

入出金限度額に上限がないカジノもありますよ。

手数料の補足

入出金ともにプレイオジョに支払う手数料は無料です。

しかし、入金時は銀行側で振込手数料が発生する可能性があります。

多くのオンラインバンクで振込手数料が設定されているはずです。

金額も銀行によって異なるので各自お確かめください。

また、出金時も中間決済会社側で手数料135円が発生しました。

公式サイトには記載が見当たらず完全に盲点の出費だったので残念です。

playojo-banktransfer-withdrawal-fee

さらに、利用規約には$100未満の出金には$5の手数料が発生する可能性が記載されています。

実際に$100未満の出金を行ったときは手数料がかかりませんでしたが、できれば出金は$100以上で行うことをおすすめします。

プレイオジョの対応銀行

プレイオジョの銀行振込は入出金で対応銀行に差があります。

まず入金時は指定口座への振込を行うだけなので、オンラインバンク機能を持つ全ての銀行を利用できます。

playojo-available-bank-lists1

一方で出金時は利用できる銀行は選択制で全部で25種類の銀行のみ対応しています。

playojo-available-bank-lists2
playojo-available-bank-lists3
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • PayPay銀行
  • セブン銀行
  • ソニー銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • auじぶん銀行
  • イオン銀行
  • 武蔵野銀行
  • 千葉銀行
  • 横浜銀行
  • 北陸銀行
  • 静岡銀行
  • スルガ銀行
  • 京都銀行
  • 関西みらい銀行
  • 広島銀行
  • 福岡銀行
  • GMOあおぞらネット銀行
  • 新生銀行
  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行

出金に対応していない銀行を使って入金した場合、どうやって出金できるの?

公式サポートに聞いてみたところ銀行振込で入金した後はヴィーナスポイントで出金できるとのことでした。

playojo-venuspoint-after-banktransfer-deposit

基本的に入出金手段は統一が大原則です。

しかし、プレイオジョでは銀行振込で入金した後はヴィーナスポイントに出金可能です。

入金に利用した銀行に出金できないときはヴィーナスポイントに向けて出金を行いましょう。

ヴィーナスポイントの登録方法はこちらの記事を参考にしてください。

プレイオジョの銀行振込の入金方法

ここからは銀行振込を使った具体的な入金手順を解説します。

振込で発生した手数料と反映までにかかった実際の時間も掲載しました。

初回入金の方のために日替わりプロモを活用する方法も紹介したので参考にしてください。

銀行送金を選択

playojo-banktransfer-deposit1

プレイオジョにログインしたら「入金」ボタンから進みます。

playojo-banktransfer-deposit2

利用できる入金手段の中から「銀行送金」を選択します。

プロモを使う場合

playojo-use-dailypromotion1

プレイオジョは賭け条件のない日替わりプロモが多いことが魅力です。

もしプロモーションを使いたいときは下部メニューに表示される「デイリープロモ」から進みましょう。

playojo-use-dailypromotion2

選べるプロモーションの一覧が表示されるので使いたいプロモを選択してください。

今回は初回入金限定のフリースピンを例に解説します。

playojo-use-dailypromotion3

プロモを選択すると表示される「今すぐ入金」ボタンから入金画面に進むことで日替わりプロモを活用できます。

playojo-use-dailypromotion4

入金画面でボーナスコードが反映されていることを確認した上で取引を行っていきましょう。

振込を行う

playojo-banktransfer-deposit3

入金額を日本円で入力します。

アカウントに反映されるドル換算された金額も確認して「送信」ボタンをタップ。

playojo-banktransfer-deposit4

すると60分以内に取引を行ってくださいというメッセージが表示され、カウントダウンが開始されます。

振込先の情報が表示されるので、あとは各自オンラインバンクから指定口座へと振込を行っていきます。

振込の際に重要なのが「照会番号」です。

playojo-banktransfer-deposit5

振込情報に表示されていた照会番号は振込時の「振込人名」に入力を行います。

もし照会番号の入力を忘れると取引の確認・反映に時間がかかるので忘れないようにしてください。

playojo-banktransfer-deposit6

こちらはPayPay銀行を使った実際の振込画面です。

このように振込人名の入力欄に先ほどの照会番号を記載してください。

あとは振込額を間違えないように気をつけて取引を完了させるだけです。

入金反映を待つ(実際の反映時間)

playojo-banktransfer-deposit7

これはPayPay銀行の振込完了画面です。

21時40分に振込手続きを完了させました。

playojo-banktransfer-deposit8

プレイオジョにログインした状態で待機していたところ21時44分にアカウントに入金額が反映されました。

たった4分で入金反映は超早い!

playojo-banktransfer-deposit10

入金が反映されるとプレイオジョからメールも届きます。

ログインして待ち構えていなくてもメールで入金完了が分かるのは助かりますね。

銀行で発生する振込手数料

playojo-banktransfer-deposit9

入出金手数料の項目でもお伝えした通り、振込の際には銀行側で手数料が発生します。

PayPay銀行の場合、振込手数料は入金額に関わらず145円で一定となっています。

特別な理由がなければ1度にまとめて入金した方が手数料が1回で済むのでお得です。

入金時の為替(割高)

今回の入金例では3,000円の振込が$21.92へと換算されました。

$1あたり136.86円で取引が行われた計算になります。

playojo-banktransfer-withdrawal11

当日の取引レートをグーグル検索で調べたら1ドル130.14円でした。

$1あたり6円以上も高く請求されており割高感がありますね。

裏で手数料取ってると思われてみんなに嫌われるやつじゃん!w

オンカジあるあるだけど、慣れないと印象の良いものではないよね。

当記事の情報を参考に、為替が許容範囲だと思える方のみ入金を行っていきましょう。

プレイオジョの銀行振込の出金方法

最後にプレイオジョから銀行振込で出金する手順を解説します。

出金にかかった実際の所要時間と取引に適用されたレートの情報も公開。

思わぬ手数料も発生したので必ず確認してください。

なお、プレイオジョでは初回出金前に必ず本人確認が必要です。

本人確認の方法はこちらの関連記事で解説したので参考にしてください。

出金申請を行う

playojo-banktransfer-withdrawal1

出金するためには「人型マーク」から「マイアカウント」へと進みます。

playojo-banktransfer-withdrawal2

マイアカウント内の「キャッシュマネージメント」の中に「出金」があるので選択してください。

playojo-banktransfer-withdrawal3

出金手段の中から「銀行送金」を選択します。

playojo-banktransfer-withdrawal4

出金額を日本円で入力します。

日本円で入力した出金額が何ドルに換算されるのかはページ下部に表示されています
(次の画像を参考)

口座名義人名にはプレイオジョ登録時に入力した本名が英語で自動入力されているので、カタカナに変更しなくてもそのままで問題ありません。

playojo-banktransfer-withdrawal5
  • 口座番号
  • 口座科目
  • 銀行名
  • 支店番号

以上4項目を入力します。銀行名は対応銀行の項目で説明した通り選択式となっています。

出金額に入力した日本円が何ドルなのか表示されているので確認します。

出金額がアカウント残高を超えないことを確認して「送信」ボタンをタップすると出金申請完了です。

出金完了を待つ(実際の反映時間)

実際に銀行口座に着金するまでかかった時間も包み隠さず公開します。

playojo-banktransfer-withdrawal6

プレイオジョで出金申請が完了した瞬間のスクリーンショットです。

20時57分に出金申請しました。

playojo-banktransfer-withdrawal7

出金処理が完了するとMy-banqという支払い代行サービスからメールが届きます。

メール到着時刻から翌日の09時45分に送金が完了したことが分かります。

約24時間での出金なので早くもありませんが遅くもありません。

公式サイトに記載の24時間から72時間以内という時間は守ってもらえたので満足です。

まさかの出金手数料

プレイオジョに支払う手数料がなかったので、当然ながら完全に手数料無料で出金できると思っていました。

しかし、My-banqから届いたメールには思わぬ記載が。

playojo-banktransfer-withdrawal8

振込金額の詳細を見ると135円の振込手数料という表示を発見。

playojo-banktransfer-withdrawal9

4,000円の出金だったのですが、しっかり135円が引かれた3,865円の着金となっていました。

公式サイト内に中間決済業者側の出金手数料の記載は見当たらなかったので予想外でした。

わたしだったら激オコだよ!

出金時も不利なレート

今回は4,000円を出金するために$32.63がアカウント残高から差し引かれました。

$1あたり122.59円というレートが適用された計算になりますね。

playojo-banktransfer-withdrawal10

出金申請から翌日の着金までのレートは128.6円から129円ほど。

グーグル検索の為替レートと比較すると約6円ほど不利な値で換金されたことになります。

売値と買値の差があるのは当然とはいえ、入出金ともに6円ほど不利だったのは大きいです。

あんまり良心的には思えないね。

とはいえ、プレイオジョの賭け条件のないプロモはやっぱり魅力的です。

総合的に判断して、多少の手数料や為替差は気にならないのであれば、銀行振込自体は安心して使えるカジノであることが分かったので活用していきましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

\初回入金でフリスピ50回進呈【賭け条件なし!】/
【公式】プレイオジョを開く
\初回入金でフリスピ50回進呈【賭け条件なし!】/
【公式】プレイオジョを開く