【2021年10月版】おすすめオンラインカジノ最新ランキング!>>

マネキャッシュの銀行振込の利用方法|入金限度額と手数料・送金の反映時間も掲載!

3 min 5 views
manekash-eye-catch

マネキャッシュの特徴

  • 最大1,000ドルのウェルカムボーナス
  • 搭載スロットは全てマネキャッシュ限定機種
  • 毎月のように入金不要ボーナスをもらえる

マネキャッシュは独自性を求めるスロットプレイヤーは必見のオンラインカジノです。

スロット・ファクトリー社のビデオスロットを遊べるのはマネキャッシュだけ!

初回入金に対して最大200ドルの100%ボーナスも進呈しています。

今回はそんなマネキャッシュの銀行振込についてまとめました。

銀行振込の利用方法はもちろん、入金限度額と手数料・反映時間・対応銀行といった基本情報も公開しています。

マネキャッシュの銀行振込の入金限度額

最低入金額1,500円
最高入金額50,000円
手数料無料
反映時間10分以内
マネキャッシュの銀行振込の入金限度額・手数料・反映時間

マネキャッシュの銀行振込の補足

  1. 銀行振込の入金額は日本円単位で表示されます。日本円の入金額をドルに換算した金額がアカウントに反映されます。
  2. マネキャッシュに支払う手数料は無料ですが、銀行側で振込手数料が発生することがあります。
  3. 入金可能額は1,500円から15,000円までは500円刻みで変更できます。15,000円から30,000円までは5,000円刻みで、30,000円より上は50,000円のみとなっています。
    (※理由は分かりませんが9,500円の入金は行えません。)

最高で5万円(約450ドル弱)と決して高額入金はできませんが、マネキャッシュは1回の出金上限も500ドルまでなので、遊びすぎを防げると思えば良いかもしれません。

マネキャッシュの他の入金手段ではもう少し高額入金できるので、銀行振込以外の選択肢も検討したい方は上記記事もご覧ください。

また、銀行振込で入金だけではなく出金もできて、もっと高額取引も行えるオンラインカジノも上記記事でご紹介しています。
マネキャッシュの銀行振込が物足りないという方は参考にしてください。

マネキャッシュの銀行振込の対応銀行

マネキャッシュの銀行振込は日本国内のネットバンキング機能を持った銀行全てに対応しています。

取引は指定された口座に振込を行うだけ。
あらかじめ利用銀行を選択した上で手続きを行う形式ではありませんでした。

ただし振込の際に振込人名を変更できることが条件です。

詳しい取引の方法はこれから見ていきましょう。

マネキャッシュの銀行振込の利用方法

manekash-banktransfer1

マネキャッシュにログインしたら「鈴マーク」から進みます。

manekash-banktransfer2

「入金する」ボタンをタップ。

manekash-banktransfer3

利用できる入金手段が表示されます。

「銀行送金」を選択。

manekash-banktransfer4

入金額の変更を行います。

manekash-banktransfer5

マネキャッシュの銀行振込の入金額は選択式なので、リストの中から希望額を選びましょう。

manekash-banktransfer6

入金額に応じてアカウントに反映されるドル換算の金額が表示されているので確認しておきましょう。

「入金する」ボタンをタップ。

manekash-banktransfer7

改めてアカウントに反映される金額が表示されるので「確認」を選択。

manekash-banktransfer8

手続きに入る前の最終確認をしたら「確認」ボタンから進みます。

manekash-banktransfer9

振込先の情報が表示されるので、オンラインバンキングから振込を行っていきましょう。

ここで重要なのは振込IDの項目です。

ここで記載されている振込IDをオンラインバンクからの振込を行う際に「振込人名」に入力してください。

「振込ID+振込名義」となるように振込IDに入力します。
(振込IDと振込名義の間はスペース不要。)

振込人名に振込IDを入力することを忘れると正しく反映されないことがあるので絶対に忘れないようにしてください!

もし後になって振込IDの入力を忘れたことに気がついたら、振込明細のスクリーンショットを用意してマネキャッシュのサポートに相談してみてください。

manekash-banktransfer10

こちらはPayPay銀行から実際に振込を行ったときの画像です。

画像のように振込人名のところに「振込ID+名前(カタカナ)」と入力しましょう。

もちろん口座名義人はマネキャッシュに登録した本人の名前と一致している必要があります。

あとは各オンラインバンクで振込手続きを完了させてください!

振込手数料の実例

manekash-banktransfer11

オンラインバンク側で振込手数料も事前に表示されます。

PayPay銀行から他行への振込は一律で145円の手数料が発生します。

なお、今回のマネキャッシュへの振込先は三井住友銀行だったので、同じ銀行間であれば手数料無料で取引できた可能性が大です。

手数料は定額なので、複数回に分けるよりは1度に入金してしまった方がお得です。

振込反映までの実例時間

manekash-banktransfer12

スマホ画面のスクリーンショット画面を使って、実際の取引時間をご紹介します。

今回の取引では21時14分に銀行側で振込完了となりました。

manekash-banktransfer13

そして21時23分にマネキャッシュを確認したら入金がアカウントに反映されていました。

10分以内(9分)での入金反映となり、スムーズに取引を行うことができました。

もし30分以上経っても入金が反映されないときはマネキャッシュサポートに連絡しましょう。

マネキャッシュに銀行振込で入金した後の出金手段

現在マネキャッシュでは銀行振込は入金限定です。

入金後の勝利金の出金は別の決済手段を利用する必要があります。

マネキャッシュで利用できる出金方法は以下の通り。

出金手段出金限度額
ヴィーナスポイント20ドル~500ドル
ビットコイン20ドル~500ドル
エコペイズ
(1度入金が必要)
20ドル~500ドル
マネキャッシュの銀行振込後の出金手段と限度額

エコペイズで出金するためには1度エコペイズで入金を行わなければいけません。

ヴィーナスポイントとビットコインは銀行振込の直後から利用できます。

ビットコインを持っていなければEウォレットを介して現金化する必要があります。

もしEウォレットの口座開設をこれから行うときには上記記事も参考にしてください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

\$30の入金不要ボーナスは当メディア限定!/
【公式】マネキャッシュを開く
\$30の入金不要ボーナスは当メディア限定!/
【公式】マネキャッシュを開く